長期的な目で見た志望校の選び方

長期的な目で見た志望校の選び方

主に高校受験の場合ですが、志望校を選ぶとき、どういう基準で選ぶでしょうか。
特に普通科(進学校)の場合、「合格できるかどうか」という基準で選ぶのは間違っています。
「余裕をもって合格できるかどうか」が重要です。
「合格して当たり前」のレベルの学校を選ぶべきです。
なぜなら、長期的な目で見た場合、本当に重要なのは、その高校に「合格すること」ではなく、その高校で「入学した後どうするか(どうなるか)」だからです。

合格するかどうかギリギリのラインの高校を受験して合格したとしても、「やった!合格した!」と喜んだ、その後が大変なのです。
当然ですが、高校の授業は(低くても)全体の真ん中レベルに合わせて進められます。
すると、ギリギリで合格した生徒は、ついていけなくなる可能性が高くなってしまうのです。
もちろん、一念発起してがんばる生徒もいるでしょう。
しかし、そうでない生徒のほうが多いのです。
ギリギリで合格して喜んだけれども、3年間授業について行けず、結局ほとんど何も身に付かなかった、というようなことになるよりも、1ランク下げた志望校に余裕を持って合格して、3年間でそれなりのことを身につけるほうがずっといいのです。
本人によっぽど何かの動機があって、「その高校にどうしても入りたい。
入ってからもがんばる」という強い意志があるなら別ですが、少なくとも、親の見栄や世間体で子どもにギリギリの志望校を押し付けるのはやめたほうがよいでしょう。